露草

0

    JUGEMテーマ:植物

     

     

     

    露草の花が見られる季節になりました

     

     

    早朝から咲いて、午後には萎んでしまう儚い花

     

     

    露草の青は

     

    青の中の青

     

    という気がします

     

     

     

     

    花は

     

    ひらひらと舞う青い蝶のようでもあり

     

    花弁の夜に星の蕊(しべ)

     

    にも見えるし

     

    夜空に舞う螢のようでもあり…

     

     

     

    螢草(ホタルグサ)

     

    帽子花(ボウシバナ)

     

    青花(アオバナ)

     

    などとも呼ばれます

     

     

     

     

     

     

    実は、露草も薬用植物で

     

    生薬名は

     

    鴨跖草(おうせきそう)

     

     

     

    開花期の全草を乾燥させたものを煎じて飲み、

     

    解毒、利尿、解熱作用があるといわれています

     

     

     

    虫刺されや腫れものには

     

    生の茎葉を揉んだ汁を塗布するとよい

     

    とされます

     

     

     

     

     

     

     

    また

     

    柔らかい茎葉は食べることができ

     

    生のままサラダに利用したり

     

    茹でて、お浸しにしたり

     

    酢の物、炒め物、天ぷらなど

     

    いろいろと楽しめます

     

     

    味は、ほとんどクセはなく

     

    食感に少しぬめりがある感じです

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ツユクサの変種に

     

    大きな青い花が咲く

     

    オオボウシバナがあり

     

    友禅染めの下絵描きの染料として利用されます

     

     

     

    花を絞った液で青花紙をつくっていくのですが

     

    関西にいた頃の職場で研修というか講習で

     

    その青花摘み体験をさせていただいたことがあります

     

     

     

    滋賀県の草津にしか残っていない場所での貴重な体験

     

     

    詳細を2015年のブログに書いていますので

     

    あわせて、どうぞ↓

    http://nekomajyo.jugem.jp/?day=20150706

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>

    写真をポチッとおして、応援お願いします

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:1056 最後に更新した日:2020/11/24

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM